代表者プロフィール

神様の声を届ける
龍人シャーマン
池田 佳織


「私は人の役に立つために生まれてきた」
物心がついたばかりの幼少期から、
頭の中には漠然とそんなメッセージが浮かんでいました。

人に何かを伝えていく事が人のためになる
と幼いながらに理解した私は、
自分にできることからとしていこうと思い、

幼稚園では同じクラスの子に絵本を読み聞かせたり、
いろいろなことを教えたりしていたりもしていた、
ちょっと不思議な子供でした。

その後も
人の役に立つ生き方
という人生のテーマを掲げ、

小学生の頃からボランティアをしたり、
学生時代に選手だった経験から水泳の先生をしたり、
前職では芸能プロダクションで
某人気俳優さんを担当していたりもしました。

私の使命は人のために動くこと全般だと、
当時は考えていたんです。

スピリチュアルでは王道とも言える
占いやパワーストーンは子供の頃から好きで、
中学生の時に独学でタロットを学び、
友達を占ったりもしていたのですが、

当たりすぎて怖くなりやめた
という経験もあります。

デジャヴや直感が当たることも
たびたびありましたが、

そんな状況でも
自分に何かがあるとは夢にも思わず、
学生時代まではいたって
普通の人間として生きてきました。

スピリチュアルな力があると気付いたのは、
20歳頃から。

健康気功を習った時に
自己流でヒーリング能力が使えるようになったのが最初で、
その後九星気学の学びと仏教の修行を経て
能力が開花しました。

しかしそれでもスピリチュアルなことは
自分の使命ではないと思っていましたし、

当時は秘書やマネージャーなどの
「右腕ポジション」が自分の役割だと思い込んでいたので、
20代の間は音楽や芸能の裏方として
お仕事していました。

29歳の時にパワハラ&モラハラによる
うつ病で前職を退職した時に、

「いよいよこれはもう
スピリチュアルの道へ進めということか」
と肚をくくり、今に至ります。

起業して5年目のこと。

延べ2000人以上の方と関わってきた中で、
自分が人間とは明らかに
いろんなことが違うと自覚し始めます。

とある日、某所をお参りしている時に、
突然自分が龍だったことを思い出しました。

さらにツインレイの学びや友人たちの覚醒を通じて、
過去世の記憶が次々とよみがえり、
地球創成期の記憶が呼び起こされました。

すると生徒さんや友人など、
周りの人たちも連鎖してその記憶を思い出し、
現在は共通の記憶を持つ人が50人ほどいます。

その流れを通じて、
私自身が地球で最初の生命体であり、
はじまりの龍であったことを知りました。

そしてどこにも書かれていない、
地球の悲しい歴史の記憶も・・・。

「もう二度と同じことを繰り返したくない!」
だから私の魂は2000回近く転生し、
時には歴史に名を残しながら民に教えを説いたり、
寄り添いながら痛みを分かち合ってきました。

しかしそれでも世界は
いがみ合い、ののしり合い、さげすみ合い、憎み合う
という歴史を繰り返してきたのです。

よって、これからは違う方向を見ている人ではなく、
同じ思いで心地良い世界を作っていける方たちに
手を差し伸べ、仲間として歩んでいこう。

そう決めたのが、数か月前。

そして同じように最近
「自己犠牲」を続けてきた地球も、
我慢を重ねて頑張ることをやめ、
地球にとって心地の良い地球を
再構築する流れに変わりました。

だからこそ、今回が
私にとっては人間としての最後の転生。
死んだら龍神に戻ります。

3年前にハワイ島で
キラウエアの女神ペレに言われた私の使命は、

「使命を持つ者を覚醒させること。
ひいてはそれが地球を守ることにつながる。」

このお役目を遂行するために、
スピリチュアルツアーや講座を通じて、
人々を覚醒へと導く活動をしています。

池田佳織

ご挨拶動画

挨拶動画